クリウィムバアニー新作公演 「NΔU」


---------------------------------

剥がれ浮かぶ昨日と、
生まれ爆ぜる明日と、
とろける現在釜に入れてピザーラお届け。
捥いで、剥いで、書き換えて、変換。
ウェルカムオートコンプリート。

ようこそ世界。

---------------------------------

振付・演出 菅尾なぎさ

音楽・LIVE Daisuke Tanabe

出演

クリウィムバアニー

阿竹花子 金子あい 桑原史香 佐藤想子

コリウィムバアニー
杏あきこ 零ハナ 田中千紗子 津ヶ谷早稀 光こ フカマツマイ 間瀬奈都美

■SCHEDULE
2019年
6月21日(金)20:00
6月22日(土)15:00/20:00
6月23日(日)15:00
*受付開始は開演30分前・開場は開演20分前より

■VENUE
シアタートラム
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1

■TICKET(整理番号付自由席):
[前売]
一般 4,000円
U24 3,500円 (☆)*
高校生以下 3,000円 (☆)
世田谷パブリックシアター友の会会員割引 3,800円 (★)
せたがやアーツカード会員割引[世田谷区在住者対象] 3,900円 (★)

[当日]
4,500円

(☆★)劇場サイトにて取扱
(☆) 枚数限定・要証明書
(★) 詳細・お申込みは世田谷パブリックシアターチケットセンターまたは劇場公式サイトへ。[要事前登録]

▶︎劇場先行販売 → 劇場公式サイト
▷友の会会員:
2019/4/19(金)10:00~
▷せたがやアーツカード会員:
2019/4/20(土)10:00~

▶︎一般販売 → Livepocket
4月21日(日)12:00〜

STAFF
美術:佐々木文美
技術監督:鈴木康郎
舞台監督:湯山千景
照明:田代弘明(DOTWORKS)
音響:中原楽
衣装:西岡七歩子
映像技術:岸本智也
宣伝美術:TAKAIYAMA.inc
制作:堀朝美
プロデューサー:遠藤豊

---------------------------------
主催:クリウィムバアニー
協力: LUFTZUG
提携:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター
後援:世田谷区
---------------------------------
お問い合わせ:info(at)crewimburnny.net





推薦コメントいただきましたっ!!!

▶︎佐藤公俊(Mother Tereco)
2014年に共演させていただいた時以来クリウィムバアニーのファンです。
目の前で何が起こっているんだ...!?というカルチャーショックが最初怒涛の様に押し寄せてきますが、次第にその既知と未知のマッシュアップ感がたまらなくクセになります。
あと毎回劇中音楽のチョイスが最高にクールなのですが、同郷の音楽家、独特のテクスチャーとグルーヴが極楽浄土心地良いDaisuke Tanabeさんが手がけるサウンドも絶対良いに決まってます。必見!
http://www.mothertereco.com/

▶︎篠田千明(演出家・作家)
私の中で世界のどこからでも上演にかけつけなきゃな作家、チームは5つくらいで、クリウィムはそのうちの最優先カンパニー。
本質を動線とイベントのみで語れる振付家の趣味をつきつめたキャスティングは、極私的なことしかやるべきではない、ということを思い出させ、とかゆうスキなく圧倒される。 みないの??もったいない~~
http://shinodachiharu.com/

▶︎ASA-CHANG(音楽家・ASA-CHANG&巡礼)
ナギリンはその昔、「蛹団」という舞踊団を率いていたと記憶してる。
当時はなんだか本気でヤバそうなので、観に行けてないんだよな~恐かったんだ。
いまも舞踊団の名義こそ異なるけど、常にヤバそうなムードを漂わせるナギリンワールドを、
客席奥のカーテンの隙間からチラミしたいよ、僕はイヤらしいから。
★6/18 アウフヘーベン!vol.5 ASA-CHANG&巡礼×いとうせいこう 開催!
http://junray.com/2019/04/07/aufheben5/

▶︎菅俊一(コグニティブデザイナー)
クリウィムバアニーの作品を観るといつも、お祭りで道いっぱいの出店を見た時と同じような、たくさんの楽しそうなことが同時発生しているワクワクさを感じます。
菅尾さんの作る可愛さと混沌の世界に早く浸りたい。
★8/1~10/14あいちトリエンナーレ作品展示
https://aichitriennale.jp/artist/suge-syunichi.html

▶︎小林うてな(音楽家)
鬼の導きにより、菅尾さんと出会ったのは8年程前に遡ります。
菅尾さん、ドキッとするような格好良さですが、王国クリウィムバアニーには「めっちゃラブリー」が充満しています。
新作公演、6.21-23 シアタートラムにて🌹
https://utenakobayashi.com/

▶︎せきやゆりえ(イラストレーター)
なぎちゃんの振り付けるダンスはすぐなぎちゃんだってわかります💖
女の子の身体ってこんなに可愛いんだなーって気づく振り付け!
踊っている女の子たちはみんな陶器でできたお人形みたいで心を奪われます。
絶対あの中で自分も踊ってみたいって思うはず✊
https://twitter.com/gonhanamizz

▶︎Aokid(ダンサー)
クリウィアムバアニー!覚えにくいもじならび。
うしろ何度も振り返って確かめちゃう振付のよう。
世界観をサボらないイメージの創出成功し、気づくとまどろんで見てる。お月見を前にうさぎの仕業か捉えようもない正体達!
★6/22 DJナイト 地下波@STスポット
 6/29 SakSak#15にてAokidソロパフォーマンスとインスタレーション『Everything』@blanclass
https://twitter.com/aokidnaosuke

▶︎池永正二(あらかじめ決められた恋人たちへ)
「なんかよく分からない」事が減ってきた。wikiやグーグルなんかで「なんかよく分からない事」が「なんとなくこういう事なんじゃないの」になり「つまりはこういう事」で「ということはこうあるべき」という、主義に至るまでの実体験の伴わない安易な主張が解りやすく端的に短い言葉で共感を得て伝えたもの勝ち合戦で「なんか」すごい事になってる。 だからこそ「なんかよく分からない」事が重要であり、クリウィムバアニーにはその「なんだかよく分からないけどすごいもの」が少しの無常感を伴って溢れている。やっぱそれの方が面白い。
http://arakajime.main.jp/

▶︎Jimanica(音楽家)
クリウィムバアニーの舞台は、当然だが全く展開が読めない。しかし、彼女たちの動きをよく見ると、実は街角や電車でよく見る「そのへんの」女の子のふとした動きがたくさん潜んでいる。日常によく見る動きなのに、なぜか「ド」がつくくらいの非日常な空間。超楽しみです。
★JImanica solo live:6/28(fri) 吉祥寺MANDA-LA2、7/10(wed) 三軒茶屋YONCHA、8/6(tue) 吉祥寺NEPO http://jimanica.com/

▶︎Open Reel Ensemble
様々な著名アーティストのダンスの振り付けを手がける奇才・菅尾なぎさの本性がここに!!!
何を隠そう僕らも5年前の2014年、300分×2日間という狂気の公演をご一緒したことがあるのですが、その独特すぎる超現実的世界観は記憶に深く刻まれました。
柔軟な身体を”ウィムウィム"と動かし踊り続ける彼女達のダンスを通じてその場に響き渡るのは、全身を使って語られる「非言語ポエム」の数々でした。
今、一体なぎささんの脳内には何が広がっているのか!??観ればその深淵を覗ける!が、謎は更に深まるかもしれない!目撃あれ!
https://openreelensemble.com

▶︎中山直哉(アニメーター、演出)
菅尾さんとはアニメEDにおけるダンスパートの振り付けを担当して頂きそこでご縁がありました。
菅尾さんの振り付けは、一度見たら頭から離れないキャッチ―感と、繰り返し見れば見る程にじみ出てくる中毒性が物凄く、気が付くと虜にされてしまっていた自分がいました。
そんな菅尾さんが率いるクリウィムバアニー新作公演『NΔU』
どんな舞台になるのか、今から本当に楽しみです!
https://twitter.com/naota0048

菅尾なぎさが振付を担当いたしました、桜エビ〜ず「キラキラ」MVが公開されました!
桜エビ〜ず「キラキラ」
(2010/03/31)
                 
菅尾なぎさがTVアニメ「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」第3話の劇中歌『チカっとチカ千花っ♡』の振付を担当いたしました!
「チカっとチカ千花っ♡」(期間限定公開)
(2018/01/31)