crewimburnny クリウィムバアニー

photo 久家靖秀
"crewimburnny" look at movement of woman from the two different viewpoints
- boys' delusional fantasies and girls' lovely and aesthetic viewpoints.
What they depict in the performance are dreams, reality and emptiness which lie between the two never-unmixable viewpoints.
Their performance, which utilizes some feminine movements and some venom of ironical features,
immediately enthrall audiences and draw into "crewimburnny" world.
Sometimes dancers are raw and relaxed and it creates a unique lazy aura on the stage.
The addicts are currently increasing.
ダンスカンパニー。
菅尾なぎさ主宰。
ダンサーのみならず小劇場界の女優陣などから絶品乙女を選りすぐり、
05年12月『愛妓ハンバーグ』にて、男性視点をベースとした"商品としての乙女"と同調し、
かつ、相克するヲトメの性(さが)を描き出した処女公演にて乱れ咲く。
女体の動きを妄想的視点(=男子)およびラブリー視点(=女子)の両極から捉え、
果てなく行き違う2つのベクトルの交錯点にある夢と現実と虚無をポップに描き出す。
個々のもつ女体独自の動きやしぐさ、毒味などをちりばめ、
無防備に舞っては時にだらりとした空気感を醸し出し、
瞬く間に観るものをクリウィムワールドへと引き込み、現在中毒者蔓延中♡♡♡